寝ても疲れが取れないという方へ

最近、身体がだるくてしょうがないと思っている方へ、ぜひ試してみてください。

身体の不調の根本原因って実は〇〇なんです。

仕事をしていて夕方になってくるととても体がツラい、最近体がだるくてどうしようもない。
きちんと睡眠をとっても、疲れが残っているとか。

この状態は「自己回復力」が落ちているということです。
だから寝ても、疲れが取れない。

で、なんで自己回復力が落ちてしまうかというと、
「全身の筋肉のコリ」が原因なんです。

筋肉がこる

血管を圧迫する

圧迫すると血液が巡りにくくなる

巡りにくくなると、全身に酸素が行き渡らなくなる

栄養も行かず細胞が不活性化する

疲れやすい体になる


だから、まずなによりも筋肉のコリを取るのが先決です。
1人でできるコリとりといえば「ストレッチ」
今回は効果を最大限に高めるストレッチ方法をお教えしましょう。

 

ストレッチの効果を高める方法

 
まずは体を温めましょう。

体を温めると、筋肉が緩みます。
その状態でストレッチすると普段よりも伸びますしケガ等もしにくいと思います。

さて体の温め方ですが3つあります。

温泉満喫男性
 
1.湯船につかりあたたまる。
お風呂あがりのストレッチはやってる方多いですね。

2.ウォーキング
30分ほどのウォーキングで体が温まりストレッチもしやすくなります。

3.スクワット
脚の筋肉は体の中で一番大きい筋肉なので熱産生量も多くスクワットをするとすぐ体ポカポカになります。

 

今日からストレッチを始めましょう

肩ストレッチする女性

さてやり方ですが
ストレッチをして「ちょっと痛気持ちいい」
というところで20秒静止します。

※痛みが強い場合は無理をせず中止してください。

 
ポイントはひとつのポーズを20秒間です。
実際やってみると20秒間は長く感じるかと思います。
ひとつひとつ時間が短いと筋肉は充分ストレッチされません。


以上を何日か繰り返すと、身体が柔らかくなってきていることに気づきます。
継続していくと体の痛みもなくなってきます。
カンタンにできますので、ぜひぜひ習慣化してみてください。
 

関連記事

ストレッチはしたほうが良い?
「身体をメンテナンスする」ということ
運動は体に良いの?

ネット予約バナー