冬!その背中の痛みを防ぐ

その背中の痛みをそのままにしてませんか?冬の寒さの大きな落とし穴!

男性背中
(注)私の背中ではありません
 

 
どんどん気温が下がり、寒い日が続きますね。

コートを着ていてもどんどん背中を丸めてしまっている自分に気が付きますね。

一般的に冬は夏よりも人は健康に気を使うと言われています。

本能的に、寒さが健康を害するって感じているんでしょう。

しっかり入浴もするでしょうし、身体が温まる食材を無意識に選んでいるそうです。

でもそんな冬、様々な症状で悩んでいるのではないでしょうか?

頭痛。肩こり・腰痛・・・

でも実は様々な症状の中で一番気を付けなければいけないのは、「背中の痛み」だったりします。

背中に痛みが出たら、すぐに対処したほうが良いです。

背中に痛みが出ないように、気を遣っていた方が良いです。

なぜここまで背中の痛みに気を付けた方が良いのでしょうか?

それには大きな理由があるのです。

ぜひ知っておいてください。

 

冬の不調は背中の痛みが中心

 
実は背中の痛みが、冬の様々な不調につながる要因だったりするのです。

背中に痛みを感じているということは、背中の筋肉が凝り固まっているということです。

背中は上半身、下半身と様々な部位とつながっています。

だから背中が凝ると、肩、首も緊張し始めて、痛みが出てきたりします。

背中が緊張して引っ張られると、後頭部の筋肉も緊張し、神経や血管を圧迫し、頭痛を起こします。

さらには腰痛の原因でもあります。

だから背中は重要な箇所なのです。

私が習った整体術でも「背中が良くなれば他の症状も良い方向にいく」と教えがあるので背中に対する施術はしっかりやるという意識は常に持って整体をしています。

 

冬の冷たい空気が背中を冷やす

 
なぜ冬は、背中の痛みが起きやすいのでしょうか?

他の季節よりも圧倒的に多いです。

実際に冬は、当院に多くのお客様が、背中の痛みえ駆け込んできます。

理由はすごくシンプル、寒いからです。

冬の冷たい空気を吸うと肺が冷えます。

肺の周りには背中の筋肉があるので、肺が冷えると背中が冷えます。

背中が冷えるので、背中の筋肉が固まっていきます。

これが冬に背中が痛くなる原因です。

冬のマスクはウィルス防止の為のものですが、実は寒い空気を防ぐ意味でも、役立つものです。

マスクをしているだけで、かなり背中の痛みを予防できるのでおススメですよ。

 

背中に隠れたコリがある

 
さてさてこの背中の痛み。

実は肩甲骨と背中の境目部分に、よくコリコリとした固まりが見つかります。

このコリコリの固まりは結構、身体の奥に隠れていて、なかなか見つけられません。

またこの固まりが結構厄介でなかなかほぐれてくれないのです。

この厄介な固まりを探し出して、しっかりとほぐして小さくしていくことが、治療院の役割ですね。

以外にこの固まりを見つけられない院が多いようです。

この固まりをなくさないと痛みはなくならないので、対処できる院を探したいですよね。

 

一年間健康な身体を保つ

 
私も身体が疲れると、やる気がなかなか起きない時があります。

やっぱり身体は全ての資本なのですね。

人間、身体の不調を我慢しがちです。

我慢をし続けて気力だけで動いていると、パフォーマンスが落ちてきますし、なにより、次につながる仕事ができません。

前から痛かったけど最近痛みが強くなってきた

よくこんな言葉を聞きます。

これは積み重なって症状がひどくなっている状態です。

早めに整体施術をうけて身体を手入れしましょう。

ネット予約バナー