なんで、寒くなると首と肩と腰がツラくなるの?

寒い時にツラくなりやすい箇所「肩と首と腰」その対処法と、ある裏ワザとは・・・

寒くなるとツラくなるのはなぜ?

草津湯畑
(写真は群馬県草津の湯畑です)

だいぶ最近寒くなってきた・・・
この時期にお悩みのこと。
そう「首、肩、腰の不調」ですね。
寒くなると急に辛くなる。

腰が痛んだり、首肩が重く気持ち悪くなったり。
寒さで冷えるのはもちろんお仕事でパソコンに向かう時間が増えてたりするのもあるでしょうね。
カチンカチンに固まった肩こりの方が駆け込んでくることもしばしば。

 

なぜ寒くなってくるとひどくなる?

 
身体の不調の大部分は「血流のめぐりの悪さ」からきています。
普段、肩や首の筋肉を使い過ぎていたり同じ姿勢が長時間続いていたりした積み重ねで首肩腰が硬くなり、コリとなります。

そのコリが血管を圧迫して、血流が悪くなり、酸素と栄養が行き届かなくなって肩首が不調になるんですね。

腰なんかはお尻や脚が硬くなって血流が悪くなり、酸素と栄養が行き届いていないんです。

寒いと血流が一層悪くなります。
肩や首、腰がよりひどくなるんです。
寒くて体が縮こまるのも原因です。

 

どうすれば症状が緩和される?

 
一般的に言われているのが「お風呂」ですね。
特にぬるめのお風呂に長風呂。
体全体がジワジワ、ポカポカとなり、体の奥から温める方法。

ただしなかなかやりずらいですよね、長風呂。
寒くなってくる時期だとぬるめのお湯がすぐ冷えて、なかなか温まらない。
上半身を湯船から出していると冷えてしまうことも・・


私がやっている方法は
「43度の熱いお湯につかる」
というのをやっています。

熱いですがしばらくお湯につかりその後冷水シャワーを浴びます。
そしてまた体が冷えてきたところでまた湯船に入るという、交互浴ですね。
これを3回ほどすることによって血管が収縮と弛緩を繰り返しますので血流がよくなり体がポカポカになりますよ。
翌朝、体が軽い事を実感できると思います。

水分補給はしっかりと行ってください。

ネット予約バナー