自律神経失調症で悩む人が激増

スッキリ目覚め・日中に集中したいなら今すぐ対策を

自律神経失調症で悩む人が激増

1月になり急激に寒くなりましたね。
特に朝晩の寒さはかなりのもので、しっかり対策をしないと風邪をひいてしまいます。
そして寒くなってくるとこんなことに悩んでいませんか?

  • 朝起きにくくなった
  • 日中にボーっとしてしまう
  • 昼間、身体がすっきりしない
  • 身体が疲れやすい
  • なんか集中できない
  • 寝ても寝ても眠い
  • 気分が落ち込みやすい

もしこの時期に、こんなことを感じているのであれば答えは明確。

自律神経失調症です。

 

自律神経失調症とは

 
よく勘違いされる方がいますが自律神経失調症は、心の病気ではありません。
精神性とは全く関係ありません。

自律神経失調症とは・・・
体を活発に活動させる時に働く交感神経と、体がゆったりとしている時に強く働く副交感神経が、適切でない時に機能すること。

 
本来、日中働くべき交感神経が、夜に働き、夜に機能すべき副交感神経が日中に働く。

だから朝からお昼の時間帯に、副交感神経「身体がゆったりしているときに働く」神経が強くなり、リラックスしてしまい、眠くなったり、集中できなかったり、ずーっと眠たかったりするんです。

ほとんどの人が経験していると思いますよ。

 

自律神経失調症は女性の方が多い

この症状で悩みがちなのは、男性よりも女性の方が多いです。

季節の変わり目は、女性のホルモンバランスが崩れやすく、この影響で自律神経もうまく働かなくなるようです。

特に30代~50代の女性が、一番症状が重いようです。

もちろん男性も悩む症状ではありますが、その症状の重さは女性よりも軽い傾向にあります。

自律神経失調症は対処可能

この自律神経失調症で悩んでいる間は、脳への血流があまり良くないことがわかっています。

ですから、この脳への血行を良くすることが、自律神経失調症を対処して日中に頑張れる秘策なんです。

脳への血行をよくするのは結構シンプルです。

1、有酸素運動

有酸素運動を定期的に行うのが対策の一つ。

ランニングやウォーキングがそれですね。

30分以上行うと全身に血行が巡って脳にもぐんぐん血液が流れます。

2、入浴

ゆったりとお風呂に入るのも良いですね。

半身浴は特に良いですが、普通にゆっくりつかるのでも大丈夫です。

バブなどの炭酸系入浴剤は、特に血行を良くするのでおススメです。

3、整体

整体施術もおススメです。

なぜかというと血行を滞らせている筋肉を緩めることができ、ドバーっと血行を良くできるからです。

 


というわけで、この時期の不定愁訴はしっかりと対応可能です。

元気になって、毎日元気に過ごしましょう。

貴重な時間を有効に使っていきましょう。

ネット予約バナー