不眠症について知ろう!

こんな症状ありますか?

 ・寝つきが悪い
 ・夜明け前に目覚めてしまう
 ・熟睡できない
 ・まったく眠れない
 ・睡眠薬が欠かせない
 ・夢を多く見る
 ・眠った気がしない
 ・夜何回も目が覚める



上記のような症状が3週間以上続くようであれば
不眠症と考えられます。

たいてい不眠症の方は
自律神経のバランスをくずしています。

昼間活発に働く交感神経と
夜に休息をとろうとする副交感神経のバランスがくずれると、
昼と夜の切り替えがうまくいかず眠れないということになるのです。

不眠症の一番の原因はストレスだといわれています。

ストレスの多い現代人は不眠を訴える方もとても多いです。

不眠症はとってもつらいもので、
夜眠れないということで疲労もなかなか回復しないので
不眠が続くと他にも様々な症状を引き起こしてしまいます。




行徳で行う不眠症に対する施術

不眠を訴える方は
必ずといっていいほど首や肩に筋硬化があるのでこれを十分緩めます

特に後頭部周辺がひどい場合が多いので
集中的に施術します。

不眠を訴える方でも
整体施術をうけるとリラックスするため
施術中から自然と気持ちいい眠気が出て熟睡してしまう方も沢山います

また施術をうけた日の夜も
「よく寝ることができた」という声をいただいています。

おた接骨院では症状が改善するまで全力でサポート致します。

不眠でお悩みの方お気軽にご連絡くださいね。