テニス肘について知ろう!

こんな症状ありますか?

・テニスをしていて肘が痛む
・肘を押したりすると痛む
・手首を動かすと肘が痛む
・肘が痛いのでラケットを握れない
・雑巾を絞る動作で肘が痛む
・物を持ち上げるとき痛む




テニス肘というのはテニスによって生じた肘部の痛み、運動障害のことで
正式には「上腕骨外側上顆炎」といいます。

主に腕の使いすぎが原因で手のひらを上にしたときの親指側の肘に痛み
発生するのがテニス肘です。

他に卓球やゴルフ、バトミントン、またパソコンなど手を多く使う作業でもなります。

幅広い年齢層にみられますが、特に40歳台にもっとも多く
ときには両方の腕にも発症することがあります。

行徳で行うテニス肘への施術

テニス肘は肘に痛みがあるのでもちろん肘に対する施術も多くなります。

たいてい痛みのある肘周囲には筋硬化やしこりがあり圧痛がみられます。

ただし必ずしも肘だけに原因があるわけではないのです。

体は連動していますので上腕、肩、首、背中、または腰も悪くなっているケースがほとんどです。

おた接骨院の整体施術ではひとりひとりの原因を探りその方に最適な施術をしていきます。

肘の痛みでお悩みの方お気軽にご連絡くださいね。