椎間板ヘルニアについて知ろう!

椎間板ヘルニアの痛みで全く動けなくなってしまったという話や、
手術をし長い間入院していたという話を聞いたことをある人は多いのでは?


痛みのひどい腰痛やなかなか改善しない腰痛だと「もしかしてヘルニアでは?」
と不安に思っている方も多いです。
行徳のお客様で整体施術を受けにくる方の何人かは、この不安に悩まされているようです。

私も椎間板ヘルニアのよるお尻や足のしびれに長い間悩まされてきました。


椎間板ヘルニアの症状はこんな感じです。

 ・座っていても立っていてもお尻や太もも裏が痛い
 ・座っているとお尻が痛くじっとしていられない
 ・身体を後ろに反らすとお尻や足に痛みが走る
 ・長時間座っていて夕方になるとお尻や足が痛む
 ・立っているとお尻、足が重くなるまた足の感覚が変な感じがある
 ・お尻、太もも、すねの外側にかけて痛みやしびれがある
 ・靴下を履こうとしてかがむと、足が痛くてかがめない
 ・お尻や足がしびれて夜寝れないほどの激痛がある
 ・足に痛みがでて仰向けで足をのばせない
 ・前屈するとお尻、足のしびれが更に強くなる
 ・ふくらはぎがいつも痛い
 ・足の感覚が変で力が入らない感じがある
 ・腰の激しい痛み


椎間板ヘルニアって何?

「ヘルニア」とは正常な位置から飛び出すという意味です。

背骨と背骨の間には衝撃に対するクッションの役目の椎間板があります。
この中心には髄核というゼリー状の柔らかい組織があります。

椎間板はとても弾力性があるのですが、年齢とともに弾力性を失っていき、
激しいスポーツや長時間の同じ姿勢などの積み重ねで損傷した椎間板や髄核が飛び出て神経を圧迫するのが椎間板ヘルニアです。

椎間板ヘルニアは首、胸、腰などで起こりますが負担のもっともかかる腰が一番多いんです。


椎間板ヘルニアになりやすい年代

高齢の方がなりやすいイメージですが、実は一番多いのが20代から30代なんです。

10代の頃の椎間板は十分な弾力性があるので損傷しずらいのですが、
20代を過ぎた頃から徐々に弾力性がなくなって髄核などが飛び出しやすくなるのです。

逆に50代以降の椎間板は硬直化し髄核が飛び出さなくなります。


行徳で行う椎間板ヘルニア施術

症状の出ている腰はガチガチに筋肉が硬くなっています。

また痛みに出ているお尻、足やその周辺も必ず硬くなっていますので緩めます。
その硬さが緩むと神経圧迫も緩むので痛みが緩和し回復に向かっていきます。

そして椎間板ヘルニアになる原因には背骨の曲がりや骨盤の歪みも関係していますので
骨盤調整し自然治癒力も高めます。

椎間板ヘルニアの症状が改善するには他の腰痛などに比べ回数・時間もかかります
整体での改善も沢山あります。私も24才の時に発症し長い間苦しみましたが整体で改善しました。

いろいろやってみたけど良くならないと悩んでいる方いつでもお気軽にご連絡ください。



関連症状