原因は1つだけではない

こんなこと思ったことありませんか?

  • 太っているから膝が痛いのかな?
  • 椎間板が減ってるから腰が痛いのかな?
  • 筋力が弱いから腰が痛くなるのかな?
  • 腰痛がひどいのは年のせいだ
  • 無理なストレッチしすぎたからかな
  • この痛みはあのときの肉離れが原因だ
  • 首が痛いのは枕のせいだ

お客様と会話していると
こんな感じの事言われる方結構多いです。

たしかに上記のような理由がきっかけだったりすることもありますし
1つの原因でもあると思います。

でも

体重増加は膝に負担増です、が太っていても膝痛くない人沢山います。

椎間板が減っていても腰に痛み無い方沢山いますし
痛いから検査して椎間板が減っていたのがわかっただけで
それは以前からかもしれませんよね。

ラガーマンみたいな強靭な体で筋力があっても、
腰痛くなったりしますよね。

人間は年をとるにしたがい体も老化しますが
80才でも体絶好調で痛みもなく毎日元気に散歩している方もいます。

首痛や肩こりは枕が悪いとしょっちゅう枕変えている方いますが
体自体の調子が良くなると大概の方は枕はなんでもよくなってきます。

体が痛いのはこれが原因で悪いんだ!と決めつけてしまうと
原因がそうでない場合全く対応できません。


決めつけないことが回復の秘訣

このようになんでも1つに決めつけてしまうのは
私たちの業界でもあります。

「体の不調の原因の全ては首の骨のズレが原因だ!」
「仙骨の歪みを正せば全てOK!」
「股関節が緩めばなんでも良くなる!」

たしかに上記のような理屈で施術をうけ体の調子が良くなった。
痛みがなくなったというのはあると思います。

でも良くならない場合も多々あると思うのです。

世の中にはいろいろな療法や施術法などがあります。

どれがよくてどれが悪いとかはなく、どれも素晴らしい療法だと思います。

でもなぜこんなにたくさんの療法があるのでしょうか?

それは1人1人体も違いますし、生活習慣も違うので
皆原因が同じではないからだと思うのです。

人間の体はまだわかっていないことがほとんどなのです。

だからこの療法、この施術法が絶対正しいなんてのもないんだと思います。

例えると当院にくる腰痛だという方でも
まず同じ腰部の痛みといっても痛む部位が違いますし、きっかけも様々です。

だからとても当たり前の事だと思うのですが、
1つの考えや療法だけにこだわらず、お一人お一人柔軟に対応していくのが大切
だと私は思います。